白と青のワンポイント 赤と青のラベル
オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー

発注する数量

ラベルシールを自分で印刷する目的で利用する場合、その利点は自分の必要な量を好きなだけ作ることができる、という点に有ります。
その特徴は、最近では業者に外注した場合でも満たすことができるようになってきています。
業者によっては、1枚からでも発注することができたり、中途半端な数量で発注することができたりするような業者もあります。
そういった業者を利用すれば、少ないロット数でもこだわって作った、高い品質のラベルシールを発注することが可能です。
ケースバイケースで、使い分けることができるでしょう。
Read more

糊の選択も可能

ラベルシールを外注する場合、印刷することができる紙を選ぶことが出来るだけではなく、貼り付けに利用する糊の種類を選ぶことができることもあります。
それによって、貼り付けたい対象が利用される環境まで想定してラベルシールを完成させることが可能です。… Read more

素材の選択肢

印刷業者にラベルシールの発注をかけると、様々な紙質から製品を作ってもらうことができます。
普通の仕上がりで良いのであれば上質紙を利用することができますし、ちょっとこだわって作るのならばアート紙やミラコート紙によって光沢の具合を調整することもできます。
また、ホイル紙に印刷をすることによって、輝きと高級感を手にすることができる上に、その色艶の有無を選択することができます。
さらには和紙を選択することによって、和菓子や民芸品、日本酒などにピッタリのラベルシールを作成することができます。… Read more